金メダル

夏季・冬季オリンピックでは、優勝者に対して金メダルが贈られることになりますが、実はこれは純金のものではありません。純度92.5%以上の銀製メダルに、6g以上の金メッキを施したものであると、オリンピック憲章でも定められています。
なので、金メダルを地金で売却をしたとしても、値段は非常に安くなります。オリンピックでの金メダルということで、金や地金以上の付加価値があるというものになります。
Continue reading 金メダル →

パンダ金貨

中国造幣公司によって発行されている地金型金貨が、パンダ金貨といわれているものです。1982年に発行されるようになって以来、毎年発行が行なわれています。
この純度は99.9%以上であり、1トロイオンス、1/2トロイオンス、1/4トロイオンス、1/10トロイオンス、1/20トロイオンスの五種類があります。
デザインは表面にジャイアントパンダ、裏面には北京天壇があります。表面のデザインは毎年変更が行なわれており、発行された年によっては収集家から非常に高い金額での取引が行なわれています。これが、パンダ金貨が地金型金貨と収集型金貨の両方の性質を持っていることの理由となります。 Continue reading パンダ金貨 →

カンガルー金貨

カンガルー金貨は、オーストラリア連邦の西オーストラリア州政府公営のパース造幣局から発行されている地金型金貨の名称です。これは、1986年から発行が行なわれています。
表面にはエリザベス女王二世の肖像画が、裏面にはカンガルーのレリーフがあるというデザインになっています。このカンガルーのデザインについては毎年発行されるたびに変わっています。この、毎年デザインが変わっているということが、地金型金貨であるカンガルー金貨が、収集型金貨のようにコレクションとして価値が高まっていることの理由でもあります。デザインとしては評価に毎年の差があり、発行された年によっては価格も価値も変わってきます。 Continue reading カンガルー金貨 →